社会貢献活動

glycogen実行委員会は東日本大震災の後、世界的に有名なプロサーファー、プロスノーボーダーをはじめ多くの方々に呼びかけ、いち早くチャリティーオークションを実行いたしました。
多くの入札をいただき、集まった7,185,063円+スタジオジャパホ義援金1,000,000円を全額寄付いたしました。


glycogen

「glycogenプロジェクト」


『glycogen』とは、すべての人にとって不可欠な活力源です。そしてボクらの活力源は、3度の食事もそうですが、それ以上に波に乗り、雪を滑り、街を疾走し、音を楽しみ、写真やアートに癒やされることにあります。1日に3度の食事ができること自体、幸せなことです。さらに、おなかが空いたことすら忘れるほど何かに没頭できる状況とは、平和な空間に身を置いていることを意味します。だから、ボクらが知る喜びを、今、被災地にいる方々が感じることは難しい。アクションスポーツや芸術が消滅しても世界はまわります。
けれども、生きがいを失う人が生まれます。ではその人たちは、被災者の今に、どのような手を差し伸べられるのでしょうか。ボクらだから、できること。その方法のひとつが、オークション。そう思い、誕生したのが今プロジェクトです。


このプロジェクトに賛同しアイテムを提供してくれたのは、日本はもとより世界中のプロフェッショナルたちです。しかも話題のアップカマーから屈指のレジェンドまで、なんと総勢128組!彼らがボクらを"げんき"にするアイテムを提供してくれた気持ち、そのアイテムを欲しいと思う気持ち、そのアイテムで日常をもっと楽しみたいとする気持ちが、日本の復興に役立つと信じています。アクションスポーツや芸術を愛し自然と街を愛するボクらに共通な、ボクらだからこそ知る活力源(=glycogen)が、被災地へ向かってポジティブな連鎖を生み出していく。被災者の方々にボクらなりの"げんき"を義援金という形で届け、ボクらもまた"げんき"になっていく。それが、チャリティー・オークション『glycogen』の目指す到達点です。


http://glycogen.jpn.com/